やっぱり気になる料金比較

- やっぱり気になる料金比較

やっぱり気になる料金比較

粗大ごみを処分したいと思った場合、どういった方法があるのかというと、大別して自治体のサービスを利用するのか、不用品回収業者を利用するのかに分けることが出来ます。
こういった場合に、一番気になる比較ポイントは料金コストではないでしょうか。

自治体のサービスを利用する場合、粗大ごみの処理に掛かるコストは、確かに安く済ませることが可能です。
もちろん無料というわけには行きませんが、例えばソファーなどであれば、1600円前後。
レンジやベッド、マッサージ機やミシンといったものでも1600円前後で処分をしてもらうことが可能です。
高いものでも荷物家具や両袖机などの2200円前後といったものがせいぜいです。


トータルコストを考える

一方で不用品回収業者を利用した場合には、平均的に1商品あたり、1000円から5000円前後のコストが掛かります。
業者の違いによっては、基本料金や解体、階段オプションなどの別途料金が掛かる場合も少なくありません。
しかしながら、品目が多い方向けに、パック料金を提供している場合もありますから、そういったものを利用していけば、そこまで高額なコストになることは抑えることが出来ます。

また無料回収対象品や買取対象品があれば、料金の交渉もその場で行うことが可能です。
自治体は品目ごとの料金は安いですが、集積場まである程度に離れている場合には、トラックなどをレンタルなどをする必要があり、トータルコストを比較するとトントンになることがあります。
そうなった場合には、労力が全く必要ない専門業者を利用した方がお得になるケースも少なくないのです。

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2016自治体よりも良い?業者に任せる不用品回収情報サイトAll Rights Reserved.